下田学区まちづくり協議会の方針
  • 【31年度の方針】

    (目的)

    ①下田学区まちづくり協議会は、下田学区内の9区で構成されています。目的は、学区住民の誰もが愛着と誇りをもち、楽しく安心して暮らせるまちづくりをめざしています。その為には、地域事情を把握し全体を見据えた事業を展開するとともに、課題には適切な対応で解決を図って行きます。

    ②まちづくり協議会の設置は、湖南市が平成18年より取り組んで来た施策で、市内には7つの協議会が存在します。下田学区まちづくり協議会は、平成21年に発足しました。平成264月には「湖南市まちづくり協議会条例」が施行され、条例の趣旨に基づいた事業を推進し充実を図って行きます。

    ③今年度は「地域支え合い推進会議」を設置し、少子高齢化の進む地域福祉のあり方に取り組みます。また、社会福祉協議会が提唱する「地域たまり場事業」との共催にも取り組んで行きます。研修会、先進地交流会、アンケート調査等を重ね、知見を深め、更なる活動の充実に努めます。

    (運営委員・運営費)

    ④運営委員は、各区の区長、区長経験者、区の役員、民生児童委員、老人会、商工会、登録サークルクラブ、学校関係、消防団第三分団、健康推進員の代表、区民で構成しています。運営費は、湖南市の交付金・助成金・委託金および各区の助成金、団体、企業、個人の寄付金、まち協コミュニティ・ビジネス等で賄い、適正な費用の運用を執行しています。

     (会則・組織)

    ⑤協議会の運営に関わる会則を設けて、事業・組織・役員の役割を明確にしています。また、専門部会の組織、役割を明記しています。その他には会計規則、センター職員就業規則、活動マニュアル等のルールを制定しています。必要に応じて改廃、新規の制定を進めます。

    (人材発掘と育成)

    ⑥まちづくり協議会が今後も意義ある活動を展開するために、将来を担う人材の発掘と育成を進めます。

    ⑦運営委員・区民の皆様の「心合わせ・知恵合わせ・力合わせ」を頂き、「感謝・感激・感動」を共有するまちづくり事業の推進を図ります。

    (まちづくりセンター)

    ⑧平成274月より、湖南市下田まちづくりセンター・出張所の業務は、まちづくり協議会が指定管理者として運営をしています。運営には、センター長、事務員を配置し、利用者の立場に立って対応しています。今後も、更に地域活動の拠点・ふれあい・集いの場として利用拡大に努めます。

    ⑨平成294月から始まった下田小学校、日枝中学校のコミュ二ティ・スクール(学校運営協議会制度)の推進に地域団体としてサポートに努めます。

       

  • 下田泥りんピック
  • 三雲学区まちづくり協議会
  • 石部南学区まちづくり協議会
  • 岩根まちづくり協議会
  • 菩提寺まちづくり協議会
  • 水戸学区まちづくり協議会
  • 湖南市