年間事業計画

                 

令和3年度下田学区まちづくり協議会・まちづくりセンター 事業計画

 

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、令和2年年初より事業の中止、変更が続いています。事業の継続性を考慮して令和3年度の事業計画(案)を作成しましたが、実施の段階で変更もあり得ることのご承知をお願い致します。

 

【令和3年度の方針】

(目的)

①下田学区まちづくり協議会は、下田学区内の9区で構成されています。目的は、学区住民の誰もが愛着と誇りをもち、楽しく安心して暮らせるまちづくりをめざしています。その為には、地域事情を把握し全体を見据えた事業を展開するとともに、課題には適切な対応を図って行きます。

②まちづくり協議会の設置は、湖南市が平成18年より取り組んで来た施策で、市内には7つの協議会があります。下田学区まちづくり協議会は、平成21年に発足しました。平成26年4月には「湖南市まちづくり協議会条例」が施行され、条例の趣旨に基づいた事業を推進し充実を図って行きます。

③本部及び各専門部、まちづくりセンター、連携団体それぞれの活動が、安心して暮らせる、活力のあるまちづくり事業になるよう更に注力して行きます。

④令和元年度は市健康福祉部、市社会福祉協議会、市まちづくり協議会連携のもとに「地域支えあい推進会議」を設置し、少子高齢化が進む地域福祉の取り組み方の検討を始めました。令和2年度は、地域支えあい推進委員(第二種コーディネーター)の専任化を図り、地域福祉の実践に関わる研修会、調査等で知見を深め、活動に努めました。令和3年度はコロナ感染症の影響をうけるも、具体的な実践の積み上げを図って行きたいと考えています。

 

(運営委員・運営費)

⑤運営委員は、各区の区長、区長経験者、区の役員、民生児童委員、老人クラブ、商工会、登録サークルクラブ、学校関係、消防団第三分団、健康推進員の代表、区民で構成しています。運営費は、湖南市の交付金・助成金・委託金および各区の負担金、団体、企業、個人の寄付金、まち協コミュニティ・ビジネス等で賄っています。適正な費用の運用に努めます。

 

 (会則・組織)

⑥協議会の運営に関わる会則を設けて、事業・組織・役員の役割を明確にしています。また、専門部会の組織、役割を明記しています。その他には会計規則、センター職員就業規則、活動マニュアル等のルールを制定しています。必要に応じて改廃、新規の制定を進めます。

 

(人材発掘と育成)

⑦まちづくり協議会が持続可能な活動を展開するために、将来を担う人材の発掘と育成を進めます。

⑧運営委員・区民の皆様の「心合わせ・知恵合わせ・力合わせ」を頂き、「感謝・感激・感動」を共有するまちづくり事業の推進を図ります。

 

(地域運営組織の検討) 新規

⑨まち協と区の新しい連携のかたちの検討を進める。

 

(まちづくりセンター)

⑩平成27年4月より、湖南市下田まちづくりセンター・出張所の業務は、まちづくり協議会が指定管理者として運営をしています。運営には、センター長、事務員を配置し、利用者の立場に立って対応しています。今後も、更に地域活動の拠点・ふれあい・集いの場として利用拡大に努めます。

⑪平成29年4月から始まった下田小学校、日枝中学校のコミュ二ティ・スクール(学校運営協議会制度)の推進に地域団体としてサポートに努めます。

 

【各部会の事業計画】

[総務部会]

  1.下田まち協だよりの発行(年間活動報告)対象 下田1750所帯

  2.事業計画・実施等の回覧板の定期発行  対象 下田9区の区民

  3.下田まち協ホームページの更新・充実

  4.パソコン教室の運営

  5.季節の催事飾りつけ(門松、ひな人形、5月人形、七夕、クリスマス等)

  6.まち協の会計管理

  7.他の部に属しない重要な事項の処理対応

 [地域福祉・生涯学習部会]

  1.認知症予防教室の開催と会場の拡大

   ・認知症予防の講演会の開催  ・下田脳トレ教室の運営(3A)

   ・いきいき百歳体操の各地域への推進

  2.世代間交流事業の開催(高齢者と子供のふれあい事業)

   ・青少年育成会議、民生児童委員会との共催事業

   ・下田ふれあいまつり、下田こども園、下田学童保育所等での開催

  3.人権研修会の開催             1月29日(土)

  4.季節野菜を素材にした、健康食の料理教室開催 時期未定

    ・下田学区健康推進委員、健康政策課職員による栄養講習会

  5.地域支え合い推進活動への参画

[文化部会]

  1.お月見コンサートの開催 (日枝神社)   9月18日 (土)

   ・洋楽、和楽、舞踊等野外ライブ、お月見団子・お茶販売等

  2.ふれあい祭り(文化祭)の開催       11月7(日)

   ・文化・芸能クラブ・同好会発表会、各種展示会、喫茶・軽食販売等

  3.泥りんピック会場での喫茶・軽食の販売  7月18日(日)

 [体育部会]

  1.泥りんピックの開催(大谷地区特設会場) 7月18日(日)

    ・32チームが4種目に挑戦、幼児からお年寄りまでチャレンジ

  2.体育まつりの開催(第38回)      10月24日(日)

    ・40年の地域交流の歴史を刻む、世代を引き継ぐ伝統行事12月

  3.ハイキングの開催(学区内散策、ビンゴゲーム) 3月

  4.第2回十二坊トレイルランの運営サポート(湖南市環境協会主催) 5月16日(日)

      ・ボランティアスタッフの要請があった場合の対応

 [地域防災・環境部会]

  1.ふるさと防災チームの防災研修会    6月、12月

    ・湖南市、区、消防団第三分団の活動実施報告

  2.湖南市総合防災訓練に参画     10月3日(日)

    ・災害時の避難訓練の実施(避難場所開設、運営訓練の実施)

  3.地域防災・環境に関わる活動

    ・青少年育成会議の活動とコラボ・夏休み防災活動

    ・高齢者の交通安全講習会、防災資機材等の整備他

  4.体育部会主催泥りんピックのサポート(会場、駐車場の警備他)

 [地域支えあい推進員活動]

  1.少子高齢化の進む将来の地域福祉についての課題・対策の検討

  2.検討結果の実践への取り組み、 なかまづくりの取り組み

  3.7学区地域支えあい推進員連絡会の交流による事例研究(毎月例会)

 【その他】

  1.下田青少年育成学区民会議へのサポート

   ・早朝挨拶運動(毎週月曜日)・夏季巡回活動(7月、8月)

   ・ふれあい事業(餅つき大会、かまどベンチの活用、野外キャンプ、野菜の袋栽培、

    下田商工夏まつり、まち協ふれあいまつりに参加)

  2.湖南市地域活性化推進事業

   ①ちょこっとカフェの運営    毎週月曜日 10:00~14:00

    ・子育て世代からお年寄りまで、カフェでコミュ二ケーション

   ②子育てサロンの運営  毎週月曜日   9:30~13:30

    ・子育て中の母子の交流サロン

   ③ちょこっとお手伝いの開設

    ・屋内外軽作業の助け合い等想定(例—清掃、小修理、庭の手入れ等)

    ・お手伝い協力者募集・登録、手伝い利用の広報、資機材等の整備

   ④泥りんピックの開催

 【下田まちづくりセンター管理運営事業】

  1.市役所出張所の受託業務

   ・し尿汲み取り券の販売、コミュニティバス回数券の販売

   ・市民相談の行政への取次ぎ 

   ・市図書館貸出図書の返却受付

  2.貸館業務(各種団体会議、サークル活動等)

  3.登録サークルの育成、活動支援、発表・報告機会の提供

  4.成人講座の運営年3回程度、青少年育成会議等のサポート

  5.下田小学校、日枝中学校コミュニティ・スクールのサポート

  6.行政、区長会、7学区まち協の連絡・調整・情報提供

  7.運営費用と会計管理、施設・設備の維持、点検、補修、老朽化更新 

  8.区民相互の交流・ふれあい機会の創出—男性主役の料理教室等

  9.まち協保有資機材備品のレンタル

  10.広告掲載、その他

 

  • 下田泥りんピック
  • 三雲学区まちづくり協議会
  • 石部南学区まちづくり協議会
  • 岩根まちづくり協議会
  • 菩提寺まちづくり協議会
  • 水戸学区まちづくり協議会
  • 湖南市